美容師キアヌ氏@髪のお悩み相談所

渋谷の美容師キアヌ氏(清水)のブログです。誰かの髪の何かの悩みが少しでも解決できるようにブログを書いています!!(たまに愛犬も登場します)

CUT

カットについて

投稿日:2018-01-02 更新日:

素敵な仕上がりの為に必要なもの

それはセンスがあって上手なカットだと思います

実はそのカットの仕上がりに大きな影響を与えるものがあります

それは『素材』です

(素材=お客さまの髪の毛)

こんな風に感じたことはありませんか?

『いつもと同じ美容師さんに切ってもらっているのに最近は何か違う…

パサつくし、スタイリングがやりにくい…

もしかして失敗されたかも…』

これはカットを失敗したのではなく

カラー、パーマ、ストレートなどのダメージ

もしくはご自宅での間違ったヘアケアや、もしかしたら季節的な影響(紫外線、乾燥、髪のターンオーバー期など)で、素材の状態が良くなかったのかもしれません

どんなに上手な美容師でも、初めて担当するお客さまの髪の状態を

『カット1回』で最高の状態にすることはできません

ロングからショートにする場合などはいけますが、基本的には3回くらい切って、やっと前回までの美容師のカットの痕跡がなくなります

日本に美容師は何十万人もいますが

全員に『このスタイルを創れ』というお題を出したとしても

全員が微妙に違うこだわりで微妙に違う切り方で創ります

その微妙に違う感覚が、その人の髪質に合うか合わないかの分かれ道です

実は使う道具(ハサミなど)でも仕上がりやスタイルの持ちは変わってきます

切れるハサミは髪の毛1本1本の断面がスパッと切れているので手触りも良くてダメージは少ないです

切れないハサミは髪の毛1本1本の断面が潰れたようになり、時間が経つとザラつきますし、表面積が多くなるので栄養も抜けやすくなり、結果的にダメージに繋がります

(虫みたいで気持ち悪いですよね…髪の毛の断面の拡大画像です)

どのハサミを使えば一番断面がキレイになるのか

気になったのでたくさん使ってみましたが、僕の場合はハサミ業界のルイヴィトン(と、勝手に言っています!)

『ナルトシザー』というメーカーのハサミに落ち着きました

ちなみに値段は驚くほど高いです…

求める質感に必要であれば『スキバサミ』も使います

良い状態の髪の毛は、仕上がりも良くて持ちも良いです

悪い状態の髪の毛は、仕上がりは良くても再現性は望めません

素敵なヘアスタイルは、担当美容師とお客さまとの二人三脚で創ってゆくものです

できる限りの提案をさせて頂きます

時間はかかりますが、少しずつ髪の状態を良くしてゆきましょう♪

-CUT

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

せっかく美容院来たし、ちょっとイメチェンしたろか

どうも!!! 美容師のキアヌ氏のブログです!!!   美容院の予約をしたものの 特にこうしたい っていう髪型は無い

Hair Cut

美容師のキアヌ氏です 日本には約50万人の美容師がいるらしいです

手触りがよくなるカット…だと??

どうも 渋谷の美容師 キアヌ氏のブログです     美容院でカットをしてもらう時   ヘアスタイルを変えてイメチェンを楽しんだり

カットされている時、切っている美容師をよく観察してみよう

  どうも   美容師のキアヌ氏です

派手なカラーを、奇抜に見えないようにさりげなく入れてみた

どうも! 美容師のキアヌ氏のブログです!!   えりあしが邪魔!! 刈り上げたい!!!

キアヌ氏

はじめまして、清水です。
表参道、原宿、恵比寿などの数店舗を経て現在は渋谷のサロンです♪
サロンのブログはこちら



髪の悩みは24時間受け付けていますのでお気軽にご質問下さい

なるべく迅速に返信いたします♪
友だち追加

Search

人気のある記事

カテゴリー