美容師キアヌ氏@髪のお悩み相談所

渋谷の美容師キアヌ氏(清水)のブログです。誰かの髪の何かの悩みが少しでも解決できるようにブログを書いています!!(たまに愛犬も登場します)

ヘアケア 一般客向け 役に立つかもしれない豆知識

アイロンの熱で毛先が硬く…?髪の毛が耐えられる温度は実は…

投稿日:2015-12-24 更新日:

どうも

渋谷の美容師キアヌ氏です

 

 

 

 

カールアイロンやストレートアイロンを使う人はたくさんいますよね

熱でツヤツヤになってスタイリングが簡単にできるので

とても便利で

美容院ではほとんどのお客様の仕上げに使用しています

 

では今回はそんなアイロンの熱についてのお話です



 

簡単にいうと、アイロンの熱で痛みます

 

熱で髪の内部のタンパク質が変性してしまうのが原因と言われています

 

 

denat01

 

 

CIMG2747s

こんな感じに毛先がカサカサします

 

 

 

 

 

 

さて、その熱変性はおよそ何℃で起こるのか?

 

 

 

毎日コテ、ストレートアイロン、カールアイロンを使う人にとって

そこが大事だと思います

 

 

これを把握したうえでコテ類を使えばダメージは最低限に抑えられるはずなんです

 

 

タンパク質 をwikipediaで調べると、こんな項目がありました

 

熱変性・低温変性

タンパク質は高温になると変性する。

これは熱変性と呼ばれる。

加熱するとタンパク質の一次構造が変化することはほとんど無いが、二次以上の高次構造は崩れやすい。

 

 

約60℃以上になると、周囲に軽く結びつき水和状態をつくる水分子が振動し高次結合部分が解け、細長い状態になる。

 

さらに内部に封じられた疎水部分が露出し、他のポリペプチドの露出部分と引き合い、全体に詰まった状態になる。

通常は透明で液状の卵白が、加熱されると白い固形に変化するのはこの原理からである。

 

60℃ですって!

ろくじゅ〜ど!

 

あなたアイロン何℃で使ってるの?

 

180℃?

 

20120708_643155

一発アウト

 

 

あかんやつや…

 

 

 

ちょっとまって、60℃でアイロン使えって?

カールつかないじゃん・・・

ってか設定温度、一番弱くしても100℃いくんじゃないのか…?

 

 

と、不安になりましたが安心してください

 

もしアイロンの温度が100℃で使用したとしても

実際に髪の毛の温度が100℃になるわけではありません

 

 

といってもずっと同じ場所を巻き続けていたら100℃は超えます

(煙がシューーーッって出ます)

 

 

気をつけて使いましょう

 

original

 

 

 

 

 

マジックカーラーなんかで巻いてドライヤーで温めて放置するのが髪には優しいです

w621_img_0

100均でも売っているのでオススメ

 

 

 

img_process14

 

20100421182042

これは痛まないです

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

-ヘアケア, 一般客向け, 役に立つかもしれない豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

Amazonで見つけた激安馬油シャンプーの使用レポ!

どうも、キアヌ氏でございます   みなさん普段はどんなシャンプーを使っていますか?   僕は美容師ですので美容師らしくサロン専用のシャンプーを使っていましたが 『たまには冒険してみ …

悩みは早めに解決しましょう 

どうも 美容師のキアヌ氏のブログです   人それぞれ 悩みはありますよね   悩みの定義はあいまいです

カットされている時、切っている美容師をよく観察してみよう

  どうも   美容師のキアヌ氏です

クビになったった美容師

  2014年だったかな こんなニュースがありました   男性美容師が女性客の個人情報を悪用し 連絡をしてナンパをした   どういうことかわかりやすく説明すると、こう & …

THROW(スロウ)のアッシュで染めてみた結果・・・

  どうも!!   美容師のキアヌ氏のブログです!!     THROW(スロウ)のアッシュ使用レポ

キアヌ氏

はじめまして、清水です。
表参道、原宿、恵比寿などの数店舗を経て現在は渋谷のサロンです♪
サロンのブログはこちら



髪の悩みは24時間受け付けていますのでお気軽にご質問下さい

なるべく迅速に返信いたします♪
友だち追加

Search

人気のある記事

カテゴリー