美容師キアヌ氏@髪のお悩み相談所

渋谷の美容師キアヌ氏(清水)のブログです。誰かの髪の何かの悩みが少しでも解決できるようにブログを書いています!!(たまに愛犬も登場します)

COLOR 一般客向け 役に立つかもしれない豆知識

ヘアカラーでのダメージを最小限に抑える2つの方法

投稿日:2016-01-09 更新日:

どうも

 

美容師のキアヌ氏です

 

前回の記事では

カラーの染まる原理を簡単に説明しました

 

 

 

カラー剤というのは

ブリーチ剤と色素が入っています

 

そのブリーチ剤がダメージの主な要因

 

そうわかったはずです

 

 

今回のテーマ

 

カラーリングで、可能な限りダメージを抑えたい

 

 

 

そういう場合はどうしたらよいでしょう

 

それを簡単に2つ説明します

 

 

 

1つめ

 

 

 

 

 

ブリーチすることで髪が傷むのなら
ブリーチをしないか、弱くしたらよいです

 

 

簡単に言うと

 

あまり明るくしなければよいです


image57

 

 

 

ここで問題なのは

日本人のメラニン色素は多い(濃い)

 

ほぼ全員が黒髪か暗い髪色です

 

ほとんどの方がそうだと思います

 

 

だから、せっかくヘアカラーをするんだったら少しは明るくしたい&印象を変えたい

 

そうオーダーするお客様がほとんどです

 

 

 

地毛の色がブロンドだったり

あるいは明るい色の欧米人だった場合

 

1411274925_e9l9
ブリーチする必要もなく

赤系やアッシュ系など、色味の変化だけでもヘアカラーは楽しめます

 

 

しかし、日本人のような地毛の黒髪に色味を入れたところで

おそらく誰も気付いてくれないレベルの変化しか起きません

 

 

nakamakouan_01_140719-thumb-280x280-526

 

せっかく髪を染めたのに、これじゃつまらないですよね

 

 

せっかく美容院でお金を払って時間を使っているのに

 

全然テンションが上がりませんよね

 

 

知っているかもしれませんが

 

カラーリングの明るさとダメージは比例します

 

 

 

11809620_1664024000478002_136860214_n

明るくするほどダメージは受けます

 

 

なので

明るくするなとは言いませんが

 

 

ダメージを抑えるのであれば

あまり明るくしないようにするよ良いと思います

 

 

地毛は約4トーンの人が多い

original

 

6トーン〜7トーン程度に抑えておくのはどうでしょうか

 

 

以上が1つめの提案です

 

 

 

 

 

そして2つめ

 

 

髪の毛というのは1ヶ月に約1センチちょっと
根本部分から伸びてきます

 

髪の毛は、カラーやパーマなどのダメージの蓄積で症状が悪化してゆく

 

なので

 

 

主なダメージの要因となる

パーマやカラーの回数を減らす事が
ダメージを進行させない方法となります

 

ここで大切なのが

 

 

 

ru5t6u

リタッチ

 

という、根元だけを染める技術です

 

 

例えば

毎月ヘアカラーをするとします
毎月ヘアカラーを毛先まで塗ると

 

仮に全体の長さが12センチでも

毛先は1年間に12回染めたことになりますよね

 

ですが

 

普段はリタッチカラーのみで
4回に1度、毛先まで染めたとすると
毛先は1年間に3回のカラーで済みます

 

 

1年間に12回染めるのと

1年間に3回染めるのでは

ヘアダメージは4倍変わります

 

 

 

 

リタッチ塗布っていうのはこう

 

岡山美容室ヘアカラー

根本の新しく生えた部分だけを狙ってカラー剤を塗る技術です

 

これはセルフでは絶対にできません

(美容師でもセルフではキレイに塗れません)

 

 

単純な理論ですが

技術的には難しく、奥が深いカラーリングテクニックです

 

このリタッチが、2つめの方法です

 

 

というわけで、

極力ダメージを抑えるヘアカラーは

 

 

なるべく明るく染めないようにすること

 

 

そして

プロの美容師にリタッチで染めてもらうこと

 

 

これに尽きます

 

 

 

 

ダメージを承知で薬局で800円くらいのを2本買って

セルフでやれば1600円で可能なカラーリング

 

美容院でやるより5〜7倍くらい安くあがる

 

なお仕上がりは・・・

 

美容師が見たフリーズしてしまうレベルです

 

 

色ムラもそうだけど、市販のカラーっていうのはもう

 

そもそもの色素のレベルと

ダメージのレベルが違います

 

これはちょっと長くなりそうなので次回にします

 

 

 

次回

 

 

 

サロンカラーの恐怖

 

 

つづく

 

 

-COLOR, 一般客向け, 役に立つかもしれない豆知識

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

手触りがよくなるカット…だと??

どうも 渋谷の美容師 キアヌ氏のブログです     美容院でカットをしてもらう時   ヘアスタイルを変えてイメチェンを楽しんだり

【リュミエリーナ】ヘアビューザーとかいう新人が怪しい件

  どうも   美容師のキアヌ氏です       ドライヤー     もちろん使っていると思うけど   最近大人気のこれ …

『洋服を自分で染めよう』と思ったら参考にしてみて下さい

キアヌ氏です   美容師の仕事をしていると、ブリーチ剤やカラー剤が洋服についてしまい、色が抜けてしまったり染まってしまう事がよくあります   ご自宅でもキッチンハイターのような漂白 …

世間でよく言う『◯◯感』

どうも 美容師のキアヌ氏です  渋谷の美容院にいます   最近はあいまいな表現の言葉がよく使われてますね よく使われるのがこの

前髪を切る時に超便利な革命的アイテム…こんな物があります(お店による)

  どうも!! 美容師のキアヌ氏です!!!   せっかく美容院来たし、伸ばし中だけど少しイメチェンしたいな〜   あると思います

キアヌ氏

はじめまして、清水です。
表参道、原宿、恵比寿などの数店舗を経て現在は渋谷のサロンです♪
サロンのブログはこちら



髪の悩みは24時間受け付けていますのでお気軽にご質問下さい

なるべく迅速に返信いたします♪
友だち追加

Search

人気のある記事

カテゴリー